お洒落なイワシ料理でDHAとEPA補給!ワインにも合う☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ワイン

おウチでワインが大好きなわが家。どうしても献立は洋風でお肉が中心になりがちなのが悩みのタネ……。確かに赤ワインはポリフェノールが豊富で健康にはいいと聞くけど、ふたりで2本飲むんじゃやっぱり心配なのが健康です。

脂っこいものと肉が大好き、「ステーキにジャガイモのフリット添え」赤ワインを添えて出せば大満足……。あんまり調子に乗っていたら高脂血症とか痛風とかになっちゃう?と心配なことも…

そこで健康のことを考えて、あえてイワシを使って、でも「お洒落でおいしくて、ワインに合う」料理を試行錯誤で挑戦! その中から夫に好評だったものを紹介しましょう。

ワインにも合う☆お洒落なイワシ料理(作り方)

自家製アンチョビで唸らせる!

  • かたくちイワシを山ほど買う
  • 頭と内蔵は手で開いて簡単に取れる。けっこう適当で大丈夫
  • 手開きしながら、尾のほうに向けて骨もひっぱりながらちぎる
  • 大きな骨以外は無視!
  • タッパーなどに塩を敷いて、いわしの身にも塩をふりつつ重ねていく
  • キッチンペーパーなどで覆い、冷蔵庫にいれる
  • 2~3ヶ月かかるけど、水分が出て来る
  • 塩を洗い流して水分を拭く
  • イワシを保存容器に入れてオリーブ油に漬ける

まぁ、時間もかかるけど、ちょっと面倒なのは最初だけ。オイルにつけてしまえば、後はいろいろと利用できます。フランスパンをこんがり焼いて、マヨネーズに粒マスタードを混ぜたソースを塗り自家製アンチョビをのせれば前菜に!

イワシのパン粉がけグリル

  • イワシは手開きにして(さばいたものを売っているスーパーもある)塩こしょうをする
  • フライパンにオリーブオイルを敷いて強火で皮のほうを焼く(火が通らなくてよい)
  • 耐熱皿に入れて、パン粉+ニンニクみじん切り+パセリ+ハーブ類をたっぷりイワシの上にふりかける
  • バタをちらしてオーブンで焼き上げる
  • レモンを搾って頂く

パン粉は他の料理にも使えます。盛りつける時にイタリアンパセリを添えたり、赤や黄色のパプリカを細切りにして炒めてからイタリアンドレッシングに漬けたマリネなんかを添えてもきれい!

これで夜の晩酌を健康的に!ワインとイワシのタッグで美味しい、楽しい、健康に!まあでも飲み過ぎ、食べ過ぎはダメですけどね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。