牡蠣が苦手でも意外に食べられる料理法レシピは味の濃さがポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kirai

牡蠣は美味しい?栄養が高いのは分かっているけどどうも磯臭さが…

牡蠣は一番最初に食べたものが古かったり、鮮度がいまいちだとそれで嫌な印象を覚えてしまい、大人になってもずっと牡蠣が苦手なままという人も多いです。

でも牡蠣の栄養はぜひ取り入れたいもの。そんな牡蠣が苦手な人も「食べやすい」オススメ料理法を紹介。牡蠣が意外に食べられる!?

『牡蠣の佃煮』

おウチで作るのもいいんですが、とにかく「牡蠣が苦手!」という人なら最初は購入するんでもいいんじゃないかな。市販されている牡蠣の佃煮はかなり濃い味で、しかもふっくら出来上がるので食べやすいと思います。おウチで作りたいという人は……

牡蠣の佃煮の作り方

  • 牡蠣は下処理をしておく(塩水につけたり、牛乳につけて臭みを抜いてからよく洗う)
  • お酒、みりん、砂糖たっぷりめ、醤油を鍋に入れて煮立ったら、ショウガの千切りをたーーーっぷり入れる
  • ここで本来は「ふっくら」仕上げたいから、早めに牡蠣を取り出したいところなんだけど、家庭でやるなら食中毒を防ぐためにもある程度は煮詰めていったほうがよいです
  • 5分ぐらいは煮たら、牡蠣をとりだして、残りの煮汁を煮詰めて牡蠣を戻してからは強火にしてしっかり味を照りつける

カキフライをカレーと一緒に食べる!

カキフライは牡蠣独特の臭みがわりとしないので、誰にでも食べやすい方だと思います。苦手な人のためには、かつカレーならぬ、「かきカレー」にするといいかも。カレーの味が強いから、あまり牡蠣を意識しないで食べられると思います。

  • カキフライを作る
  • カレーの上にカキフライをのせる
  • ソースをかけて、カレーと混ぜて食べる!

牡蠣のチゲ鍋風

キムチを使ったチゲ鍋風に仕立てます。これもキムチのパンチがきいた味なので、牡蠣独特の風味が抑えられます。ニラなどもたっぷり入れて、香味野菜の力も借りるとなおよし!

  • 鍋に水をいれ沸騰させたらキムチを汁と共にどばーっと入れる
  • そこに味噌を多めにとく
  • 牡蠣をいれ、ネギやニラ、えのきだけなど具材も投入する
  • グツグツ煮込んで食べる

思ったより鍋のほうに牡蠣のエキスというか、風味自体は移らないのがチゲ鍋のメリットですよ。しめにご飯を入れてもいいけどラーメンをいれてもおいしいです。ポイントはグツグツと煮込んで、キムチ味噌味を結構濃いめに仕立てることですね。

牡蠣が苦手な人でもこれなら食べられたという人が多い料理法です。これで牡蠣の優れた栄養をたくさん取りましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。