牡蠣はあたった時の症状と対策方法を覚えておくと安心

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
腹痛の女性

牡蠣にあたると、かなりヒド~イ症状になります。とはいえ個人差は大きいので、症状によって対処法は違います。

だいたいの症状や初期対策について、雰囲気だけでも覚えておくといざとなったときに不安にならずに済みます。牡蠣はどうしても他の水産物より食あたりするイメージがあります。特に怖いのはパニックになること。冷静な判断ができるように、最低限の知識をもって牡蠣を楽しましょう!

症状別の対処法

  • 口の中がヒリヒリする
  • 頬が赤くなったり熱くなる
  • 動悸
  • 酷い場合にはけいれんや手足がつったりする症状も

→貝毒の可能性が高い

貝毒は牡蠣に限らないらしいんですが、牡蠣が一番多いようですけね。海の毒のあるプランクトンを食べた牡蠣を食べてしまうと、その毒が体内に取り入れられてしまい上記のような症状が出ます。

→口の中の違和感ぐらいならともかく、動悸がしたりけいれんの症状があったらスグに病院へ行きましょう!

  • 下痢
  • 吐き気

→食中毒系

細菌とウィルスで症状が違います。細菌の場合はお腹がかなり痛くてひどい下痢に。ウィルスのほうはいきなり嘔吐と下痢がはじまり、時には発熱したりすることも。

対処法はどれも同じです。

症状が「ひどいな」と思ったら迷わず受診!

もし、嘔吐や下痢がさほどひどくないのなら、家庭で様子を見ても大丈夫でしょう。

下痢をしている時は下痢を止めないこと

毒素を排出しているわけですから、辛いところですが下痢止めのようなものを使わないこと。もっともだいたい下痢止めを使ってもあまり効かない事の方が多いです。

水分をとること

下痢と嘔吐を繰り返す中で怖いのが脱水症状です。嘔吐しているので水も飲みたくないかもしれませんが、例え少しずつでもできるだけ水分はとりましょう。

牡蠣っておいしいから、こんなリスクがあるって列挙しているとちょっと悲しい……。しかも牡蠣食べるとパワー出るし、疲れもとれるって言うし。牡蠣にあたるとかなり辛いからホント悩ましいところですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。